双葉山 定次(ふたばやま さだじ) 大宰府ゆかりの大横綱

1912年02月09日 – 1968年12月16日
大正元年~昭和43年
大分県宇佐郡天津村布津部(現在の宇佐市下庄)出身。第35代横綱。 69連勝、優勝12回、全勝8回などを記録。1943(昭和18)年大宰府に「双葉山相撲錬成道場」を開設。


本名、龝吉 定次(あきよしさだじ)。 身長179cm、体重130kg。
実家の稼業は海運業。 少年時代の負傷が元で右目が半失明状態(5歳の時吹矢が右目に当たったらしいが本人は覚えていないらしい)だったことや、右手の小指が不自由(事故で2度も右手の小指に重傷を負いその後遺症による)、などのハンデを抱えながら、「木鷄」(もっけい=『荘子』にでてくる鍛えられた闘鶏が木彫りの鶏のように静かであるさま)を目標に相撲道に精進し、昭和屈指の大力士となった。69連勝、優勝12回、全勝8回などを記録。年2場所の時代の力士であるがその数々の大記録は未だに破られていないものも多い。日中戦争の泥沼化、太平洋戦争が間近に迫る時局もあり、国民的英雄となった。「双葉の前に双葉無し、双葉の後に双葉無し」の言葉のようにまさに不世出の大横綱であり、相撲の神様と呼ぶ人も存在し史上最強の横綱と考える人は多い。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

こぼれ話

1939(昭和14)01月15日、伏兵安芸ノ海、無敵横綱の70連勝を阻止。 二階席からは火鉢や人が降ってくる。 やんややんや。
69連勝した名横綱が調子が悪い時、中村天風に相談する。飲みなさいと白い粉をもらい飲んだら調子がよく、またもらいに行ったそうだ。天風が白い粉が入っているビンをくれたので、これは何ですかと横綱が聞いたら、重曹だよと答えたそうだ。そして「気の持ちようで人間はどうでも成るのだ。常に積極的に生きなさい」と諭されたという話を聞いたが、いつごろの話か分からない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする