平田汲月 最後のプロにわか師

1894年03月10日~1972年07月28日
福岡市博多区生まれ / 1970年東京国立劇場で上演。650篇の作品を生み出し衰退するにわかの保持に大貢献する。


1913年(大正2年)19歳の時、県のメートル法普及にわか脚本募集で1等に入選し、にわか作者になる。「汲月会」を組織し、1970年には東京国立劇場で上演。「爆笑博多にわか集」を出版、代表作は「台風」「地震・雷・火事・親爺」「ミス幸福」「大和魂」など。
西日本シティ銀行:地域社会貢献活動:ふるさと歴史シリーズ「博多に強くなろう」
松岡正剛の千夜千冊『ルポライター事始』竹中労

博多にわか―みんなで作った現代世相
博多仁和加振興会
西日本新聞
売り上げランキング: 1022895
博多にわか読本
博多にわか読本

posted with amazlet on 06.12.09
井上 精三
地方・小出版流通センター
博多にわか集―郷土の伝統芸能 その周辺と作品 (1985年)
後藤 光秀
アドアサヒ・アサヒ編集室

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする