大下弘 青バット

1922年12月15日~1979年05月23日
神戸市生まれ / 1954年名伯楽三原監督の下で西鉄の初優勝をもたらし、青バットで西鉄の黄金時代を築く。


兵庫県神戸市生まれ、「青バット」の大下として、「赤バット」の川上哲治と共に終戦直後の日本プロ野球におけるスター選手。 1936年台湾高雄市に移る。旧制明治大学に進学(中退)、応召。戦後プロ野球再開と共にセネタースに入団している。1946年20本塁打記録。1949年札幌円山球場での日本プロ野球最長とも言われる推定飛距離170mの本塁打、1949年11月19日大洋戦で球史唯一の一試合七打数七安打記録、1951年当時最高記録打率.383で首位打者等々。
1952年球団との確執で西鉄にトレード移籍、四番打者として当時稲尾和久、中西太、豊田泰光らと西鉄の黄金時代を築いた。1954年優勝に貢献、MVP獲得。西鉄は1956年から1958年に日本シリーズ三連覇。1959年現役引退。
背番号三は西鉄の永久欠番となっていたが、1968年古巣東映の監督に就任、返上された。監督として「サインなし、罰金なし、門限なし」の三無主義を打ち出して頑張ったがチームは最下位。シーズン途中で辞任(もっともこの三無主義はオーナーの大川氏の言であったと言われているが)。退団後は少年野球の発展に努めた。1979年逝去、享年56歳。1980年野球殿堂入り。
大下弘 – Wikipedia
大下 弘
『大下弘 虹の生涯』

大下弘 虹の生涯
大下弘 虹の生涯

posted with amazlet on 06.12.23
辺見 じゅん
文藝春秋
売り上げランキング: 418691
青バットのポンちゃん大下弘―伝説に彩られた天才打者の実像
桑原 稲敏
ライブ出版
売り上げランキング: 1069239
大下弘日記―球道徒然草 (1980年)
大下 弘 大道 文
ベースボール・マガジン社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする