古賀政男 国民的作曲家

1904年11月18日~1978年07月25日
大川市生まれ / 昭和初期より50年間で「影を慕いて」ほか約4000曲の古賀メロディーを作曲、歌謡史に足跡を残す。
作曲活動の傍ら1958年には日本作曲家協会創設、初代会長に、死去後1978年08月04日国民栄誉賞を贈られている。


福岡県三潴郡田口村(現・大川市)に生まれる。詩人北原白秋生誕の地、柳川の近く。幼少期、サーカス小屋からのクラリネットの響き、旅芸人の琴の音等を聞いていた。七歳で父が死亡、田口村から朝鮮に渡り感情起伏の激しい少年時代をこの地で過ごした。
まず仁川に、そして京城へ。マンドリンを手にしたのは中学三年(京城善隣商業学校)のとき。仲の良かった兄から送られており、このとき音楽の夢が燃え上がったようである。商業学校を出て、大阪の商店に勤め、1923年苦学して東京の駿河台にある明治大学に入学。明治大学マンドリン倶楽部の創設に参画、その演奏技術は相当のものであったとのこと。昭和03年、秋の定期演奏会、マンドリンと管楽器の融合、佐藤千夜子の日本歌曲独唱など斬新な演奏会を催し、佐藤との出会いは古賀の人生を大きく変えた。
1929年06月、明治大学マンドリン倶楽部の定期演奏会で「影を慕いて」(ワルツ・ギター合奏)を発表、その年の暮れ、佐藤千夜子の歌唱とマンドリン・オーケストラを率いて「文のかおり」など自作品をビクターで吹き込んだ。既にマンドリン・ギター演奏家「古賀政男」になっていた。
卒業の1931年コロンビア専属に、作曲家「古賀政男」の誕生。「酒は涙か溜息か」、「丘を越えて」、「影を慕いて」の三曲をSPレコードで発表、以後数々のヒット曲を送り出した。藤山一郎とのコンビでの活躍である。1933年松平晃が歌った「サーカスの唄」がヒット、1934年コロンビアからテイチクに移籍、事業経営と創作に手腕を発揮した。
1938年秋には外務省の音楽文化親善使節として渡米、直前にはコロンビアに復帰している。映画音楽を中心に活躍、第三期古賀メロディー黄金時代「誰か故郷を想わざる」、「目ン無い千鳥」、「新妻鏡」、「なつかしの歌声」等々発表している。
戦後1948年近江俊郎の「湯の町エレジー」が大ヒット、同年「古賀ギター歌謡協会」(後の古賀ギター学院)設立、更なる展開に繋がる。1960年代、歌謡会の変貌の中、かの美空ひばりとの関連で「悲しい酒」又「柔」はレコード大賞に輝いた。
作曲活動の傍ら1958年には日本作曲家協会創設、初代会長に、死去後1978年08月04日国民栄誉賞を贈られている。
主な作品・影を慕いて(1932年)・丘を越えて(1931年)・酒は涙か溜息か(1931年)・サーカスの歌・東京ラプソディ・誰か故郷を想わざる・無法松に一生・東京五輪音頭・柔・悲しい酒・民族之歌
T.N.
古賀政男 – Wikipedia
古賀政男音楽博物館
古賀政男記念館・生家

自伝 わが心の歌
自伝 わが心の歌

posted with amazlet on 07.01.13
古賀 政男
展望社
売り上げランキング: 692085
悲歌―古賀政男の人生とメロディ
佐高 信
毎日新聞社
売り上げランキング: 299462
評伝・古賀政男―青春よ永遠に
菊池 清麿
アテネ書房
売り上げランキング: 470974

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yakamgid より:

    『評伝古賀政男-青春よ永遠に』の著者は、
    『流行歌手たちの戦争』(光人社)も上梓。
    上原敏、並木路子、渡辺はま子が登場。

  2. ゾッキ本 より:

    『日本流行歌変遷史』(論創社)
    昭和初期、アメリカから電気吹込みを完備した外国レコード産業の到来によって、日本の歌謡曲は誕生した。そして、日本流行歌の変遷の歴史がはじまるのだ。外資系レコード会社も誕生し、近代詩壇で鍛えた作詞家、クラシック・ジャズ系作曲家、音楽学校出身の洋楽演奏家によって作られた歌謡曲の世界が戦後、ビートルズの来日によって、大きく変貌し消滅しJ・ポップが誕生した。日本流行歌の波乱に満ちた変遷史の決定版。

  3. 夏メロ人 より:

    古賀メロディーの創唱者・佐藤千夜子の本が出る。『永遠の歌姫佐藤千夜子』。古賀政男の才能発見に力点あり。山形新聞の広告より。

  4. 最上太郎 より:

    『永遠の歌姫 佐藤千夜子』を読んだ。菊池清麿氏が本書で展開しているとおりに古賀政男の才能発見の功績は素晴らしい。

  5. 夏メロ人 より:

    『私の青空 二村定一 ジャズ・ソングと軽喜劇黄金時代』(論創社)が発売されました。古賀メロディー以前に人気を博した人です。菊池清麿氏の手によって、浅草、エノケン、その後の数奇な人生がどう描かれているのか、興味津津です。