奥保鞏(おくやすかた) 陸軍福岡閥の総帥

1846年11月19日~1930年07月19日
弘化03年11月19日~昭和05年07月19日
小倉出身、日露戦争で第二軍司令官を務め、参謀総長等の要職を経て元帥号を贈られた。
明治期の軍人。号は南岳(なんがく)。小倉藩士奥保矩(やすのり)の子として小倉に誕生。
慶応二年(1866)の長州藩との戦いが初陣で明治四年(1871)に陸軍大尉心得となり、以後佐賀の乱、西南戦争などの数多くの戦役で活躍し、昇進を重ねる。
日露戦争では第二司令官として、ロシア軍主力を相手に水際たった作戦を展開し、戦後参謀総長となる。在職中の明治四十四年(1911)に元帥号を授与される。
*佐幕側であった小倉藩出身であり、しかも長州藩と直接戦火を交えた立場であったにもかかわらず、陸軍内で異例の抜擢を受け続けた。これはひとえに奥自身の指揮統帥能力及び古武士に例えられる謙虚な性格によるものである。後年、薩長・皇族以外の出身者としてはじめて元帥となったが、この時も異論を唱えるものが誰もいなかったと言う。(ウイキペデアより)


奥保鞏 – Wikipedia
奥保鞏 | 近代日本人の肖像
福岡県人会/会報(抜粋)… 2010年8月号

二十世紀日本の戦争
二十世紀日本の戦争

posted with amazlet on 07.01.26
阿川 弘之 中西 輝政 福田 和也 猪瀬 直樹 秦 郁彦
文藝春秋
売り上げランキング: 116655

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする