安川敬一郎 九州工業大学の創設

1849年04月17日~1934年11月30日
嘉永2年~昭和9年
福岡市生まれ /福岡藩藩士、藩校修猷館に学び、慶応義塾中退、石炭事業からスタート、国士的実業家として本県産業界に大きな遺産を残した。地方財閥安川松本家の創始者。戦前の政治家、実業家。貴族院議員、衆議院議員。男爵授爵。勲三等瑞宝章。
1907(明治40)年07月20日、田川郡糸田町の豊国炭鉱で明治で最大の炭鉱災害が発生、死者行方不明者が365人出た。この事故で出資していた三井が撤退し、安川が経営する明治鉱業が引き継いだ。


1907(明治40)年07月20日、田川郡糸田町の豊国炭鉱で明治で最大の炭鉱災害が発生、死者行方不明者が365人出た。この事故で出資していた三井が撤退し、安川が経営する明治鉱業が引き継いだ。
安川敬一郎
松本健次郎と安川清三郎
福岡県人会/会報(抜粋) 2010年4月号

毛詩考―26巻 (1934年)
毛詩考―26巻 (1934年)

posted with amazlet on 06.11.29
亀井 昭陽
安川敬一郎
九州工業大学
九州工業大学

posted with amazlet on 06.11.29
教学社編集部
教学社
売り上げランキング: 99920

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする