脇坂順一 治療即奉仕

1913年03月16日~2003年03月05日
国内有数の外科医で僻地医療問題に注目、奉仕。登山家として85歳で200回目の海外登頂に成功。
福岡市天神に誕生。大名小、福岡中、旧制福岡高、九州大学に進み、1937(昭和12)年九州大学医学部を卒業。医博。九州大第2外科助教授を経て、昭和27年、久留米大学医学部外科教授。消化器外科を主として、胃の手術例は3千回以上。昭和43年、久留米大ネパール医学調査診療隊長。1978(昭和53)年退職、名誉教授。
この間、1961(昭和36)年、64年の2回、アフリカ・ランバレネのシュバイツアー病院で2ヶ月間医療奉仕、親しくシュバイツアー博士の教えを受ける。1961(昭和36)年、国際外科会出席のため初渡欧したのを機会に、ユングフラウ、マッタンホルンに登頂。アルプスに魅せられ、ほとんど毎年のように外国の山を目指し、ヨウロッパばかりでなく、北極圏、中東、南米、アメリカ、ニュージーランド、中国、台湾など世界各国の高峰に登山。88年8月17日、11度目のマッタンホルーン(4478メートル)登頂、75歳で海外100登山、98年、85歳で海外200登山を達成。90歳での250回を目標にその後も登頂を重ね、243回になっていた。

|特集|山をこよなく愛した医師

*脇坂 順一 氏が死去
本市の文化章受章者で久留米大学医学部名誉教授の脇坂順一さんが3月5日、肺炎のため亡くなりました。
89歳でした。
脇坂さんは昭和27年、九州大学助教授を経て久留米大学教授に就任。
「治療即奉仕」をモットーに脇坂外科教室を設立し、胃がん、胃潰瘍など消化器疾患患者の診療に当たりました。
脇坂さんが執刀した症例は数千におよび、国内有数の外科医として高く評価されました。
また、早くから無医村や医療過疎地域などのへき地医療問題にも注目。
アフリカのシュバイツァー博士のもとでの医療奉仕活動やネパールでの医学調査、沖縄離島での医療奉仕などにも尽力しました。
研究では、手術後の肺水腫の予防治療に取り組み、重度の症例の救命方法を確立。
これらの成果は、内外の学会で高い評価を受け、昭和56年に市文化章を受章、61年には勲三等瑞宝章に輝きました。
登山家としても有名で、国内を始め中南米、ヨーロッパ、ケニアなど世界の峰々に挑戦。
75歳でスイスのマッターホルン、80歳で最高峰のモンブランなど4千メートル級のアルプスを征服しました。
平成11年には、85歳で200回目の海外登頂に成功し、市民を歓喜させました。
また、福岡山の会会長として若い登山家の指導にも努めました。
脇坂さんのご冥福をお祈りします。
特集2
広報くるめ 平成15年3月15日号

医人岳人―脇坂順一聞書
荒木 久
西日本新聞社
売り上げランキング: 1035261
八十歳はまだ現役―モンブランで傘寿を祝ったスーパーおじいちゃん山行記
脇坂 順一
山と溪谷社
売り上げランキング: 522897

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする