原志免太郎 生涯一医者

1882年10月04日~1991年06月18日
福岡市中央区生まれ / 100歳で『新しい灸学』を出版し、104歳まで聴診器を持ち、「男性長寿日本一」として108歳で逝去す。

「日本一長生きした男」医師 原志免太郎

ある死亡記事”108歳、男性長寿日本一、福岡市の原さん死去。 1991年(平成03年)06月19日の朝刊社会面に記事。著者:安藤憲考氏のプロローグより。
志免太郎は1882年(明治15年)10月04日、原田種紀、トエの四男として、福岡市荒戸町85番地に生まれた。父は黒田藩に仕える武士であったが明治維新を体験、県庁の役人、しかし失業と不遇の中、これ以上「子」はいらぬと「締め」、志免太と名づけたが戸籍係りの間違いか「郎」が足され「志免太郎」になった。
高等小学校卒業後、親元を離れ福岡市大浜三丁目(現・博多区大博町)の原三信の医学生となり、独学。検定資格を取り京都府立医専(現・京都府立医大)に入り、卒業。九州帝大医学部で「灸」(きゅう)の研究に取り組み、結核に感染したウサギに灸をすえたら抵抗力が増すことを突き止めた論文でわが国初の「お灸博士」に。1929年開業、43年香椎原病院設立、院長の椅子を長男に譲った後も104歳まで聴診器を持ち「生涯一医者」を貫いた。

男性長寿日本一

・104歳まで医師として患者をみたこと ・灸の研究で博士号を取った最初の人物 ・ホタルが日本住血吸虫の宿主、宮入貝の天敵であると突き止めホタルの生態、飼育の研究、天皇にもホタルの卵、幼虫を献上した ・静岡県の風土病の病原体を発見した等々業績多岐に亘る。
詳細は
原志免太郎「日本一長生きした男」著者:安藤憲考、発行:学校法人、原学園
T.N.


北九州市ほたる館/施設のご紹介

万病に効くお灸療法 (1953年)
原 志免太郎
実業之日本社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. AL より:

    原先生に少しでも追いつけるように精進します。