菊池武光 大原合戦

1319・元応元年・?~1373年・応安6年・11月16日
熊本益城郡豊田庄、南朝懐良親王を立て、1359年08月06日の筑後川の戦い(大原合戦)で少弐頼尚に対して勝利し、夜襲を仕掛けて大宰府を奪う。戦いの後、傷ついた菊池武光が、刀についた血糊を川で洗ったところが、筑後国太刀洗(現福岡県三井郡大刀洗町)である。その後、武光は懐良親王を擁して大宰府に征西府を確立し、1362年には大友氏時と再度戦って豊前を攻略する。また、九州探題であった斯波氏経が大宰府に襲来した際には弟の菊池武義と共にこれを撃退した。1372年に斯波氏経、渋川義行の後任として今川貞世(了俊)が九州探題として就任して派遣されると、武光は了俊に敗れ、懐良親王と共に大宰府から逃れて高良山を新たな拠点とする。北朝の後光厳天皇は菊池武光の武威を恐れて、その追討を命じる綸旨を出した。
1373年11月16日に死去。享年は52と言われている。熊本県菊池市の菊池神社の主祭神として祀られている。
墓所は熊本県菊池市の正観寺。福岡県大刀洗町の大刀洗町公園には銅像がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする