田中耕太郎 最長の在任記録を持つ最高裁判所長官

1890年10月25日~1974年03月01日
明治23年~昭和49年
法学者、文部大臣として日本国憲法に署名し、教育基本法制定に尽力する。閣僚(文部大臣)を経験した唯一の最高裁判所長官として在任期間3889日間、歴代最長の記録を持ち最高裁の基盤を創った。その後昭和36年より9年間オランダのハーグで国際司法裁判所判事として活躍する。


日本の法学者。第2代最高裁判所長官。日本国憲法施行後、皇族と内閣総理大臣経験者を除いて、唯一の大勲位菊花大綬章受章者である。また文化勲章も受章している。位階は正二位
佐賀県杵島郡北方町(現:武雄市)出身。福岡県立中学修猷館(後の福岡県立修猷館高等学校)卒業。第一高等学校へ進学。卒業後、東京帝国大学法学部に進学。首席で卒業し、恩賜の銀時計を授かる。東大法学部長を歴任し、1946年(昭和21年)5月に第1次吉田内閣で文部大臣として入閣。文相として日本国憲法に署名。6月に貴族院議員に就任。1947年に参議院選挙に立候補をし、第6位で当選。緑風会に属し、緑風会綱領の草案を作成。その後も文相として教育基本法制定に尽力した。1950年(昭和25年)に参議院議員を辞職して、最高裁判所長官に就任。最高裁長官時代の田中の発言として有名なものとして、後に「世紀の冤罪」として世間を賑わせた八海事件の際に、マスコミが検察側や判決に対して展開した批判や、弁護士の正木ひろしが著書『裁判官 人の命は権力で奪えるものか』で述べた批判に対しての「雑音に惑わされるな」という発言や、松川事件の下級審判決を「木を見て森を見ざるもの」という発言などがある。(ウイキぺディアより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする