少弐資能(しょうに すけよし) 蒙古(元)の使者に対応

1198年 -1281年
建久9年~弘安4年
1268(文永5)年01月02日大宰府の責任者・太宰少弐として元の皇帝クビライの使者に対応。幕府の鎮西奉行として文永、弘安の役で活躍する。
鎌倉幕府の有力御家人。武藤氏は当時、大宰府の責任者として太宰少弐の地位にあったため、この資能の時から少弐姓を名乗るようになったという。武藤資頼の子。
資能は北九州に大きな勢力を持ち、幕府の鎮西奉行として働いていた。1268年、蒙古の使者の対応にも当たっている。元寇直前に出家して覚恵と号して家督を長男の少弐経資に譲ったが、老齢の身でありながら自身も対元の総司令官として参戦した。しかしこのとき、奮戦したものの博多の街を元軍によって焼かれたため、戦後に非難を浴びている。弘安の役にも老齢の身を押して出陣し、壱岐島の戦いで元軍相手に奮戦したが、このとき敵兵の攻撃を受けて重傷となり、まもなくその傷がもとで死去したという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする