小野篁 不運の遣唐使

802年~852年02月03日
延暦21~仁寿2年12月22日
平安時代前期の公家、詩人.832(天長9)年太宰少弐になったが、淳和天皇は才を惜しんで赴任を許さなかった。834(承和元)年に遣唐副使に任ぜられ836年大宰府に下り、07月02日博多津を出帆したが失敗。翌年も失敗し、2年後3回目の時に大使藤原常嗣との諍いで乗船を拒否し、『西道謡』を作って遣唐事業を風刺。ために嵯峨上皇の怒りに触れ、隠岐に配流。2年後に許される。『経国集』などに若干の詩、『古今和歌集』に6首がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする