山座円次郎(やまざえんじろう) 外交官

1866年12月01日~1914年05月28日
慶応2年10月26日~大正3年
福岡市中央区生まれ / 小村寿太郎外相を助け、日露戦争の開戦から終結まで取り組む。廣田弘毅が外交官になるきっかけを作る。
外交官。福岡市地行東町に生まれ、明治25年(1892年)東京帝大法科を卒業。明治34年外務省政務局長となり、病弱な小村寿太郎外相を補佐し、日露戦争の開戦から終結までの外交交渉に取り組む。日露戦争後の軍部の外交介入に強い批判を持ち、駐英大使館参事官、北京特命全権大使として活躍する。
学生時代の広田弘毅に目をかけ、後年広田が外交官の道を歩むきっかけとなる


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
山座円次郎 | 近代日本人の肖像
山座円次郎伝

山座円次郎―大陸外交の先駆 (1967年)
長谷川 峻
時事通信社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする