原田幸太郎 日本習字教育財団

1911年03月21日~1995年07月04日
明治44年~平成7年
山門郡瀬高町出身。六字斎観峰と号し、福岡を中心に全国に書道を普及。世界平和のために国際交流に尽くす。


9月8日は国際識字デー(こくさいしきじでー International Literacy Day)である。
UNESCOによって1965年11月17日に公式に宣言された。ねらいは個人とコミュニティ、そして社会にとっての識字の重要性を強調すること。世界中で式典が行われる。
世界には、”働かなければならない”、”学校が近くにない”などの理由で、学校に通えない子どもが約6,700万人。また、学校に行けずに大人になり、文字の読み書きができない人(非識字者)が約7億9,600万人(世界人口の5人に1人)、そのうち約3分の2は女性です。
「国際識字デー」の始まりは、1965年9月8日からイランで開催された”テヘラン会議”において、パーレビー国王(当時)が、各国の軍事費1日分を識字基金に拠出するよう提案したのがきっかけです。この会議の後、アメリカのジョンソン大統領(当時)が米国議会において、”テヘラン会議”を忘れないため、また教育分野に取り組むUNESCOの識字教育への貢献に感謝の意を表して、9月8日を「国際識字デー」に制定するように呼びかけました。1965年のUNESCO総会で宣言され、1966年9月8日、初めての「国際識字デー」を迎えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする