高場乱 男装帯刀の女傑

1831年10月08日~1891年03月31日
天保2年~明治24年​
福岡市博多区生まれ / 女流眼科医で頭山満を育て、玄洋社の切っ掛けを作った興志塾を主宰。人参畑の婆さんと親しまれた。


<明治自由民権運動の最先端を走り、アジアの近代化を支援した「玄洋社」の頭山満らを育てた近代日本の女傑「高場乱(おさむ)」の生涯>
幕末から明治にかけて、女ながらも武士道に生きた女傑「高場乱」。1831(天保二)年10月08日に博多・瓦町(現在の祇園町)に生まれる。生家は江戸時代初期から続く高場流眼科で、父親の名前は正山、乱の幼名は「養命」。幼いころから人並み優れた知力と胆力を持ち合わせていたので、父親は養命を男子として育てた。十歳のときに「乱」と書いて乱世をおさめるよう「乱(おさむ)」と名付けられる。
漢学を究めるため亀井塾に入門。亀井南冥の孫、陽州に師事するやめきめきと頭角をあらわし、亀井塾四天王の一人に数えられる。亀井塾は自由をモットーとし、論語などの漢学ばかりでなく蘭学も学べる塾だった。その中の四天王といえば、今でいう大学教授のようなもの。乱は学問ばかりでなく武術も究めていたので、その名は長州の吉田松陰(乱より一歳年上)と並べられるほどだった。
二十歳で高場眼科を継ぎ、四十歳のとき住吉の人参畑跡に移転して眼科医院兼「興志塾」を開く。もともと乱の体は華奢で丈夫ではなかった。国事奔走のため京へ上る志を捨て、地元福岡で日本の将来を担う若者たちを育てようと心に決めたのだった。1873(明治6)年、後の玄洋社を率いる頭山満が十九歳で入塾する。乱は頭山を見た瞬間、明治・大正・昭和の政財界にその名を轟かしたこの男の器量と天分を見抜いた。頭山もまた乱の人間としての大きさを直感的に感じ取っていた。
「人参畑の先生」こと乱の人徳を慕って大勢の博多の猛者たちが集まった。1977(同10)年福岡の変を起こした武部小四郎、1989(同22)年大隈重信暗殺を試みた来島恒喜は頭山とともに机を並べた仲間だった。犯行後に自刃した来島の死を嘆いた乱は病に倒れる。頭山ら門弟たちに看取られながら1992(同24四)年03月31日、冨も名誉もなく、金に頓着せず、ひたすら門弟の教育に人生をささげた高場乱。五十九歳の生涯だった。(2005年9月19日福岡市NTT夢天神ホール「神田紅独演会」より)
FTMの「吉田松蔭」高場乱
青松通信
松岡正剛の千夜千冊 for i-mode

凛―近代日本の女魁・高場乱
永畑 道子
藤原書店
売り上げランキング: 433091
大アジア燃ゆるまなざし 頭山満と玄洋社
読売新聞西部本社
海鳥社
売り上げランキング: 115116

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする