神屋寿貞(かみや じゅてい) 石見(いわみ)銀山発見

~1546年(天文15)10月22日
戦国時代の博多の豪商(勘合貿易商)。2007年(平成19年)に、ユネスコの世界遺産への登録が決定された石見銀山を1526(大永6)に発見。
出雲の鷺(さぎ)銅山に銅を仕入れに行く途中、石見銀山を発見し、銀鏈(れん)を筑前に運んで巨利を得た。次いで1533年(天文2)博多の吹工宗丹・桂寿を伴ってこの山に行き、銀を吹き白銀をとることに成功した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 浦辺 登 より:

     神谷寿貞ではなく、神「屋」寿貞ではないでしょうか。
    (貞は「禎」と書く場合もあります)
     また、読みも「かみや じゅてい」と『博多』武野要子 著、岩波新書に出ています。

  2. 管理者 より:

    ご指摘ありがとうございます。
    訂正させていただきました。