ルムシュッテル・ヘルマン 九州鉄道建設の恩人

184​4​年~1918年09月22日
弘化​元​年~大正7年
ドイツ生まれ、1886(明治19)年11月に来日。九州鉄道の建設を指導し経営上でも助言を与え、九州鉄道の隆盛の基礎をつくった大恩人。
鉄道88周年の1960(昭和35年)にレリーフが制作され、博多駅コンコースに飾られた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする