飯野寅吉 飯野グループの総帥

1865年02月01日~1949年01月31日
慶応元年~昭和24年
直方市生まれ / タンカー業界の先駆者で飯野海運を創立し海運業に貢献する。 1899(M32)舞鶴鎮守府の開庁とともに舞鶴に来住、飯野商会を創立して港湾荷役業を始める。三大会社、飯野海運(株)、飯野重工業(株)、飯野産業(株)の基礎を築く。また’37(S12)には中舞鶴町のために役場庁舎を新築寄贈した。
福岡県直方市出身。早くから企業心に燃え、大阪市で石炭販売業を営む。1899(M32)舞鶴鎮守府の開庁とともに舞鶴に来住、飯野商会を創立して港湾荷役業を始める。その後、成功を収め1918(T7)12月に資本金百万円をもって飯野商会を株式組織に改め、飯野商事(株)を発足する。 ’21(T11)4月には海洋進出を目指し飯野汽船(株)を創立。’39(S14)12月に東亜林業(株)を起し、東南アジアに進出。その後各社の経営合理化のため合併、分割等を行い、三大会社、飯野海運(株)、飯野重工業(株)、飯野産業(株)の基礎を築く。また’37(S12)には中舞鶴町のために役場庁舎を新築寄贈した。享年83歳。


飯野寅吉
日本の墓:飯野寅吉
舞鶴市のニュースサイト Web みなと舞鶴 ふるさと見て歩き
飯野港運株式会社 ごあいさつ

飯野60年の歩み (1959年)
飯野60年の歩み (1959年)

posted with amazlet on 06.12.10
飯野海運株式会社社史編纂室
飯野海運
海運業界 (1982年)
海運業界 (1982年)

posted with amazlet on 06.12.10
織田 政夫
教育社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする