團琢磨 三井財閥の総帥

1858年08月01日~1932年03月05日
安政5~昭和7年
福岡市中央区生まれ / 明治大正期にかけてわが国の工業化、近代化に尽くした功績大。血盟団員の狙撃を受けて死去。


実業家。福岡市荒戸町に生まれ、福岡藩士團尚靜の嗣子となる。1871年(明治4)木戸孝允、大久保利通、伊藤博文などの欧米視察に、留学生として同行した福岡藩主黒田長知について米国に渡り、マサチューセッツ工科大学で鉱山学を修め1878年帰国。大阪専門学校助教、東京大学助教授を経て1884年(明治17)工務省に入る。三井鉱山が官営から三井組に払い下げられた1888年、こわれて同社に入り、事務長として全山を統括する。1911年三井鉱山取締役会長、1914年(大正3)三井合名会社理事長となり、三井家の貿易、金融、保険、信託、鉱山、倉庫などすべての経営をとりしきり、事業の海外発展に尽くした。又日本工業倶楽部、日本経済連盟の指導者として、経済界に大きな影響力をふるった。1929年から30年にわたり労働組合法案が国会で問題になった折は、実業界の全力を挙げてこれを阻止した。1928年(昭和3)に「男爵」を授けられる。明治~大正期にかけてわが国の工業化・近代化に尽くした功績は大きい。資本主義の打倒を歌い、三井・三菱などの大財閥を攻撃の対象とする血盟団員(菱沼五郎)は、團の暗殺を計画。1932年(昭和7)03月05日出社時、日本橋三井本館で狙撃を受けて死去。享年75歳。(西日本新聞福岡県百科事典・中村正近を追加修正)
三井史を彩る人々|三井広報委員会
團琢磨 – Wikipedia
団 琢磨 / クリック 20世紀
8月01日

男爵団琢磨伝〈上,下巻〉 (1938年)
団男爵伝記編纂委員会
故団男爵伝記編纂委員会
学校五日制と生涯スポーツ
団 琢磨 大橋 美勝
不昧堂出版
売り上げランキング: 1093882

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 浦辺 登 より:

     團琢磨の墓所は東京都文京区大塚の「護国寺」にあります。
     となりは、宮内庁管轄の豊島が丘御陵ですが、そのためか、護国寺には明治の元勲、財界人、政治家などの墓が多くあります。
     團琢磨が三井三池炭鉱の責任者時代、炭鉱夫にゴム底の足袋を履かせ、病気、災害を防いだといわれています。そのゴム底の足袋を供給したのが、ブリヂストンの前身である「しまやたび」だったそうです。