松永安佐エ門 電力の鬼

1875年12月01日~1971年06月16日
長崎県壱岐郡生まれ / 自主独立の福沢精神で現在の九電力体制を発足。茶道の四天王で耳庵と号し、福岡市美術館にコレクションを寄付。

「生きているうちに鬼と云われても、死んで仏となりて返さん」

幼名「亀之助」、1875年(明治08年)12月01日、壱岐島(長崎県壱岐郡石田村)にて二代目松永安左エ門の長男として誕生。生家は、呉服、雑貨販売、酒・焼酎・酢醸造、椿油製造、鰯網捕鯨網元、船舶運送、貸金等々、又田地を所有、壱岐の大事業家であった。
長男として家業を継げと言う父に反抗、上京して慶応大学に入学、在学中に福沢諭吉の娘婿桃介と知り合い生涯二人で組んで仕事をした。
父が死に、大学中退、実家の整理、弟への引継ぎ後、三井呉服、日本銀行などを転々とした後福沢桃介と石炭を扱う福松商会を設立。しかし倒産する。
自宅火災等種々の経験から大きな変心をし、35歳福岡に本拠を構えた。
1896年03月博多電燈設立、1911年10月博多電燈軌道と改称 、1912年06月九州電燈鉄道と改称、1922年05月関西電気へ併合、1909年08月博福電気軌道設立・併合、1910年09月 九州電気設立・併合、1906年11月広滝水力電気設立、1910年12月併合。
政界、大正06年博多商工会議所会頭、41歳の若さ、実力、人気の結果であろう。同年福岡市議、中野正剛らと競い、当選。
東邦電力、上記のように大正11年06月、九州電燈鉄道と関西電気を合併、東邦電力を発足させた。副社長に就任、経営の実権を得、その経営哲学を発揮した。
海外の状況も把握して、超電力連携構想、「全国の周波数を60サイクル(Hz)に統一、種々の対策を絡めて各地区相互に電力を有効に活用しあう」を提案、しかし各社足並みそろわず採用されなかった。今にして思うと大きな損失であったと考えられる。
東京進出、大正末期の東京における「東京電燈」への対抗として「東京電力」設立、相互に競争状態になったが、銀行の仲介を経て東京電燈に合併。取締役に就任、東邦電力として東京電燈の大株主に。続いて昭和03年05月安左エ門は東邦電力社長に就任している。

電力の国家管理

世界の情勢、国のおかれた状況、軍国主義、全体主義への傾斜等を背景に昭和07年に実施された新しい電気事業法から官僚統制の一歩がはじまった。昭和10年12月内閣調査局の手で「電力国策要旨」が作成、その他着々と管理強化が進んだ。国の権力は強く、幾多の激論、論戦、色々あったが結果的に、国の方針、それに基づく管理案が出来、電力管理法、日本発送電株式会社法他二法案が昭和13年01月衆議院に提出、昭和14年04月国会通過、実施に至っている。戦争、混乱等を経て戦後へ移行していった。松永安左エ門は国家管理になった電力事業に興味は無く、事業から手を引き、埼玉県入間郡柳瀬村の山荘に隠梄した。

戦後の電力再編成

戦後GHQは電力事業の再編と民営化を要求、日本答申案には不満を見せ、吉田首相の時代(昭和24年11月)電気事業再編成審議会設定、再度大物松永安左エ門の登場、その超ワンマン振り、又同委員の日本製鉄三鬼隆社長との確執はつとに有名になった。結局GHQとの確執、いろいろの経過後、昭和25年年01月現在の九電力会社が発足した。

電力の鬼面目躍如

電力会社再編の各段階での安左エ門の情熱、思い入れ、実行力はまさに「電力の鬼」と言われるに十分の関わりであった。生まれた九つの新電力会社の行く末にも75歳を超えてもその情熱を注ぎ、その安定化への傾注は鬼気迫るものであった。安定した収入の確保にその設備強化が必要、そのためには電気料金の値上げへの努力、各界の反対を押し切っての強行、矢表に立っての活動等が語られている。
*茶室「耳庵」 50代で山登りを、汗を流した後の快感、山頂での荘厳な旭日を拝し、広がる雲海に魅かれていた。「還暦」を迎えると「茶道」に傾注、常に一流品志向等の面も持ち合わせていた。その交友の広さは「松泉会」氏の還暦祝いの集まりへの各界の集まりに、現れている。1971年06月16日。
97歳で遺書、「死後の一切の葬儀、法要はむしずの出るほど嫌いこれにあり、墓碑一切不要。線香も嫌い、死んで勲章位階これはヘドが出るくらいに候。財産は倅および遺族に一切くれてはいかぬ、彼らが堕落するだけである。」と
T.N.
MOLLYの独り言(Vol.4)
上遠野さんのページ

私の履歴書―昭和の経営者群像〈9〉
日経 日本経済新聞 日本経済新聞社
日経
売り上げランキング: 804491
九州電力三十年史―1951~1981 (1982年)
九州電力株式会社
九州電力
茶の湯の古典 3 (3)
茶の湯の古典 3 (3)

posted with amazlet on 07.01.02
熊倉 功夫
世界文化社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする