宮入慶之助 ノーベル賞候補

1865年05月15日~1946年04月06日
慶応元年~昭和21年
長野県生まれ 、1904年に京都帝国大学福岡医科大学(現・九州大学医学部)衛生学の初代教授に就任し、翌年医学博士の学位を得る。九州帝国大学名誉教授。
 筑後川沿岸の巻貝(宮入貝)が日本住血虫の中間宿主である事を発見しその発育史を解明する。


宮入慶之助記念館
住血吸虫症と宮入慶之助

住血吸虫症と宮入慶之助―ミヤイリガイ発見から90年
宮入慶之助記念誌編纂委員会
九州大学出版会
売り上げランキング: 334420
ノーベル賞の100年―自然科学三賞でたどる科学史
馬場 錬成
中央公論新社
売り上げランキング: 124718

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする