宮崎安貞 江戸前・中期の農学者

1623年~1697年07月23日
元和09年~元禄10年07月23日
広島県生まれ / 福岡藩士を浪人し農民のために終生を捧げ、わが国近世農業技術の集大成といわれる全10巻を書く。
広島藩士宮崎儀右衛門の次男として生まれ、1647年(正保02年)25歳のとき、福岡藩二代藩主黒田忠之に200石で仕えた。30歳を過ぎて職を辞し、女原村(福岡市西区周船寺)で開墾事業を行い農業に従事し、農民の指導を行った。
安貞は中国(明)の徐光啓の「農政全書」を学び、当時農業の先進地域であった畿内や伊勢・志摩、さらに中国地方を巡り古老の農業体験などを収集し、また交流のあった貝原益軒の本草学の影響も受け、農業技術の発展をはかった。
1696年に「農業全書」10巻(付録01巻は貝原益軒の著で農政に関する為政者の心構えを説いている。)を著し、翌年に公刊した。その後も版を重ねて出版され、近世農業の発展に大きく貢献した。「農業全書」は中国の農学書の影響を受けながらも、安貞の自らの農業体験や諸国巡礼の見聞によって得られた五穀・菜類・果樹の農耕法などを農民のための技術書として著した日本最初の体系的農学書である。
安貞は「農業全書」が公刊された1997年07月に病没、女原村地内小松原に葬られた。安貞が農民とともに開墾した土地は現在も宮崎開きとよばれている。福岡市西区周船寺に執筆当時の書斎が保存されている。また「農業全書」は福岡市総合図書館に保管されている。
K・S


宮崎安貞 – Wikipedia
136 宮崎安貞墓
3P

農業全書
農業全書

posted with amazlet on 07.01.18
宮崎 安貞 貝原 楽軒 土屋 喬雄
岩波書店
売り上げランキング: 788772
先覚宮崎安貞 (1944年)
先覚宮崎安貞 (1944年)

posted with amazlet on 07.01.18
中村 吉次郎
多摩書房

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする