吉田秀雄 広告の鬼

1903年11月09日~1963年01月27日
北九州市小倉区生まれ / 戦後電通の社長に就任し、常に国際的視野から広告業及び広告業界全体の近代化に貢献した。

鬼十訓

一、仕事は自から創るべきもので人から与えられるべきものでは無い
一、仕事とは先手先手と働きかけて行く事で受身でやるものでは無い
一、大きな仕事に取り組め小さな仕事は己を小さくする
一、難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げる処に進歩がある
一、取り組んだら離すな殺されても離すな目的完遂までは
一、周囲を引きずり廻せ引きずるのと引きずられるのとでは永い間に天地の開きが出来る
一、計画を持て長期の計画を持っていれば忍耐と工夫とそして正しい努力と希望が生まれる
一、自身を持て自信が無いから君の仕事には迫力も粘りもそして厚みすら無い
一、頭は常に全回転八方気を配って一分の隙もあってはならぬサービスとはその様なものだ
一、摩擦を恐れるな摩擦は進歩の母 積極の肥料だ でないと君は卑屈未練となる

吉田 秀雄

電通育英会/吉田秀雄記念事業財団
吉田秀雄かく語りき
吉田秀雄

電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ
植田 正也
日新報道
売り上げランキング: 110693
われ広告の鬼とならん―電通を世界企業にした男・吉田秀雄の生涯
舟越 健之輔
ポプラ社
売り上げランキング: 11404
この人 吉田秀雄
この人 吉田秀雄

posted with amazlet on 07.01.18
永井 龍男
文藝春秋
売り上げランキング: 246433

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 浦辺 登 より:

     戦後の電通には、満洲国通信社の社員が多数入社したことで日本のメディア体制の枠組みを構成することができたといわれています。
     その満洲国通信社のキーパーソンが修猷館中学から東亜同文書院に進んだ里見甫(さとみはじめ)です。