鮎川義介 日産コンツェルンの創設者

1880年11月06日~1967年02月13日
山口生まれ / 福岡県を活動の基盤とし、中小企業団体組織法を制定させ、中小企業の助成に努力する。


1880年11月06日、父、鮎川弥八(長州藩士、政治家)、母、ナカ(明治の元勲井上馨、実姉の長女)、山口県氷川郡大内村(現在の山口市大内地区)に生まれる。井上の書生をしながら東京帝大工科大学(現、東大機械科)に、卒業後芝浦製作所に入社、身分を隠して日給48銭の職工になる。その後模倣であった西欧の技術視察、習得のためアメリカへ約1年強、可鍛鋳鉄工場で労務者として働いた。
1909年(明治42年、29歳)井上馨の支援を受けて戸畑鋳物(現日立金属)を創立。
1928年(昭和3年、48歳)久原鉱業の社長に、久原鉱業は義弟、久原房之助が経営していたが第一次世界大戦後の恐慌その他で経営破綻しており、当時政友会の田中義一らからの再建要請で引き受けたものである。会社を日本産業株式会社に改称、公開持ち株会社にして、傘下に日産自動車、日本鉱業、日立製作所、日産化学、日本油脂、日本冷蔵、日本炭鉱、日産火災、日産生命など多数に企業を収め、日産コンツエルン形成。
1933年(昭和8年、53歳)ダット自動車製造吸収、1937年(昭和12年、57歳)日産を満州国に、満州重工業開発株式会社として、総裁、相談役に、又満州国顧問、貴族院勅撰議員、内閣顧問兼務、満州国の財界で活躍した。その後いろいろあり又、関東軍とのかんけいも悪化、撤退を検討、1942年総裁を辞任している。第二次大戦後、戦犯の容疑受けるも、容疑晴れ、獄中にて日本の復興策を練っていた。
1952年(昭和27年、72歳)中小企業助成会設立、会長就任、中小企業の振興に力。1953年(昭和28年。73歳)参議院当選、1956年(昭和31年、76歳)日本中小企業政事連盟(中政連)創立、総裁に、その他東洋大学名誉総長等々、79歳関係者選挙違反に責任感じ議員辞職した。
1967年(昭和42年、87歳)02月13日、持病の胆のう炎手術後、急性肺炎で死去、墓所、多磨霊園に。
追加、孫の鮎川純太(実業家、テクノベンチャー社長)、女優の杉田かおると結婚7ケ月後離婚、話題になった。 T.N
鮎川義介 – Wikipedia
鮎川義介
日産自動車創業者鮎川義介氏:先達に学ぶ決断の時 | Wisdom

五もくめし―随筆 (1962年)
鮎川 義介
ダイヤモンド社
百味箪笥―鮎川義介随筆集 (1964年)
鮎川 義介 愛蔵本刊行会
愛蔵本刊行会
鮎川義介伝―赤い夕陽の昭和史 (1967年)
小島 直記
日本経営出版会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする