聖一国師(しょういちこくし) 山笠の創始者

1202年11月01日~1280年11月10日
建仁2年10月15日~弘安3年10月11日
鎌倉時代中期の臨済宗の僧。本名は円爾(えんに)。宋から帰国後博多で承天寺(じょうてんじ)を開山し、山笠(07月01日~07月15日)をはじめ、饅頭を普及する。
駿河(静岡県)の出身。鎌倉時代中期の臨済宗の僧。本名円爾(えんに)諡号(しごう)は聖一国師(しょういちこくし)。嘉禎元年(1235年)、宋に渡航して無準師範(ぶしゅんしばん、1178年 – 1249年)の法を嗣いだ。帰国後博多で承天寺(じょうてんじ)を開山し、『疫病が流行り,施餓鬼棚(せがきだな)に乗って担がせ、清めて回り』山笠をスタートさせる。また酒饅頭の製法を教え、承天寺は饅頭の発祥の地といわれている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする