立花実山 (たちばなじつざん)南方流(なんぼうりゅう)創始者

1655~1708年11月10日
明暦元年~宝永5年
福岡藩の家老、詩歌文章に優れた文人。千利休の茶の精神をもとにして福岡藩の茶道、南方流を生み出した。書や和歌に長じ、貝原益軒の門人で禅寺も開基した当代随一の文化人だった。

たちばなりゅう(なんぼうりゅう) とは

筑前黒田家家臣立花実山を祖とする。 江戸初期に成立。 織部流を本とし、道安流と遠州流を加味して、一派を開いた。 「南坊録」を基とするので、一名南坊流ともいう。


名は五郎佐衛門重根、号は実山、のち出家して宋有。父重種は1万5千石の重臣で家督を長男重敬が相続。次男重根は3代藩主光之に45年間仕え、最後は隠居頭取として三千石余を受けた。詩歌文章に優れた文人で、貝原益軒の門人でもある。和歌は中院黄門通義卿に古今伝授を受け、26歳の時の歌は後水尾法皇の勅評を受けた。茶道は千利休と高弟の南坊宗啓の茶道の秘書とされる「南坊録(なんぼうろく)」を書写補足して、秘伝9カ条にまとめ「南坊録」7巻を著し、以後茶道界に南坊流宗匠としての名を残す。1707(宝永)年光之死去後出家し、住吉松月庵に閑居。翌年6月光之の継嗣をめぐる綱之騒動に巻き込まれ、嘉麻郡鯰田村に幽閉、同年11月綱之の命により殺害された。獄中記「梵字艸(ぼんじそう)」3巻がある。40年後、6代藩主継高により東林寺(博多区博多駅前3丁目)に改葬された。(西日本新聞発刊福岡県百科辞典・平山昌宏)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 長谷彌智子 より:

    東京に住むの全くの部外者です。
    立花五郎佐衛門の獄中記(凡字艸)、南坊録、詩歌などを読むことあるいは購入できる方法があったら教えて下さい。コピーでもいいのですが。
    この方はその時代きっての文化人だった由。私の老兄が残りの人生でこのような方にいかにも興味を持ちそうです。
    ご一方下さいませ。
    なにとぞよろしくお願い申し上げます。

  2. 管理者 より:

    メールにてご連絡差し上げております。
    何かありましたらご連絡ください。