井上哲次郎 日本観念論哲学の確立者

1855年12月25日~1944年12月07日
安政02年12月25日~昭和19年12月07日
福岡県太宰府市生まれ / 明治・大正期の日本哲学界の指導者であり、大御所であり、日本観念論哲学の確立者である。号 巽軒(そんけん)


太宰府の医師・船越俊達の子として生まれ、井上哲英の養子となり、甘木市甘木で育った。幼少の頃より漢学塾で学び、のち長崎の広運館(前身は、安政年間につくられた語学伝習所、のち英語伝習所。明治に広運館と改称されたわが国最初の系統的な英語教育を行った学校)で学んだ。
1880年(明治13年)に東京帝国大学哲学科を卒業し、早くも二年後に助教授に就任、日本最初の哲学辞典「哲学字彙」を編纂刊行した。1882年に外山正一・矢田部良吉と「新体詩抄」を刊行し世間に名が知られるようになった。
1884年(明治17年)から1890年(明治23年)までドイツに留学し、ドイツ観念論哲学を研究、同時にベルリン大学付属東洋語学校で日本語および日本文化を教授した。またケーベルを日本に招くことに尽力するとともに、それまで日本で主流であったイギリスやフランスの実証主義哲学からドイツ観念論哲学に関心をむけさせた。
帰国後教授に昇進、1897年(明治30年)に東京帝国大学文科大学長に就任し七年間在任した。その後、東京学士会院会員、帝国学士院会員、東京帝国大学名誉教授、大東文化学院総長、勅撰貴族院議員に就任した。
1993年「教育と宗教との衝突」を雑誌に掲載し、キリスト教を反国家的宗教と排撃し、内村鑑三らクリスチャンと論争した。
後半は儒学の研究に熱中し、儒学を中心とする東洋哲学を西洋哲学の手法による解明を試み「日本陽明学派之哲学」「日本古学派之哲学」「日本朱子学派之哲学」の三部作を著した。
「明治哲学界の回顧」(1932年)など数多くの著書がある。哲次郎は「美学」「意 識」「人格」「絶対」「相対」など、西洋哲学の概念にあう熟語を作った。
K・S
巽軒井上哲次郎、葉書
文京区 井上哲次郎旧居跡
井上哲次郎の新國字論3-22

日本朱子学派之哲学 (1945年)
井上 哲次郎
富山房
日本陽明学派之哲学 (1936年)
井上 哲次郎
富山房
禅の本義
禅の本義

posted with amazlet on 07.01.28
井上 哲次郎 鈴木 大拙 宇井 伯寿
春陽堂書店
売り上げランキング: 703059

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする