森鷗外(もり おうがい) 山椒大夫(さんしょうだゆう)

1862年01月19日~1922年07月09日
文久2年–大正11年
島根県津和野生まれ / 「我をして九州の富人たらしめば」を始め数々の含蓄ある啓発評論を福岡日日新聞に発表する。
石見国津和野亀井藩典医の長男として生まれる。明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、劇作家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。東京大学医学部卒業。第一次世界大戦以降、夏目漱石と並ぶ文豪と称される。大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征1899(明治32)年から1902(明治35)年まで小倉だ12師団軍医部長として転勤。一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「雁」などを発表。乃木希典の殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする