竹久夢二 八幡製作所勤務

1884年09月16日~1934年09月01日
岡山県生まれ/画家・詩人。本名は、茂次郎(もじろう)、1900(明治33)年17歳の2月に一家は岡山から北九州市八幡区大字枝光(現北九州市八幡区 山王1丁目)に移住し、八幡製鉄所に勤務した。明治34年(1901)18歳夏、東京へ出奔した。17年後に筑豊の炭鉱王といわれた伊藤伝右衛門に嫁いだ柳原白蓮が、1919(大正8)年に刊行した歌集「几帳の陰』と「幻の華」の表紙を手がける。
夢と憧れを失うことなく生きた不世出の詩画人竹久夢二は1934(昭和9)年09月01日信州・富士見高原療養所で、結核のためひっそりと亡くなりました。享年49歳。ほっそりした柳腰の美人“夢二型美人”は大正期に一世を風靡しました。「待てど暮らせどこぬ人を・・・・」あの『宵待草』は彼の作品です。と今泉正顕氏は「人物なるほど『一日一話』」で語ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする