二川相近(ふたがわすけちか) 黒田節の元歌

​1767年11月~1836年09月27日
明和4年~天保7年​
福岡市中央区(枡小屋町)うまれ/福岡藩士、儒学者亀井南冥に学び、特に書道や琵琶や和歌に秀でた。1824(文政7)年10台藩主黒田斉清の命で黒田節の元になる筑前今様3冊をまとめる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする