水野富美夫 エチオピアの光と風

1917年06月20日~1994年06月19日
東京都出身、51歳の時エチオピアに単身移住し、78歳で亡くなるまで約30年間彼の地の「女性」と「風景」を描き続けた。1990(平成2)年11月福岡市で個展を開催しエチオピアを紹介する。2005年3月「エチオピアの光と影~明日へ」没10周年回顧展が開催された。
1936(昭和11)年05月09日アフリカ最古の独立国エチオピア(ソロモン王朝(ハイレ・セラシエ1世)がイタリアに併合されイタリア領東アフリカとなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする