青木繁 海の幸

1882年07月13日~1911年03月25日
久留米市生まれ / 享年28歳、同郷の坂本繁二郎と親友で明治画壇の鬼才として名作品を遺した早世の洋画家。


作者より作品の方がよく知られているものがある。そんな作品の一つに「海の幸」がある。この作品は美術や日本史の教科書に必ず掲載され、誰でも一度は目にしたことのあるなじみ深い絵である。赤銅色に焼けた漁師達が手にモリを持ち、大鮫(鱶)をかついで漁から引きあげてくる。そんな男達の中でただ一人こちらを向く白い顔の女がいる。その女は作者青木繁の恋人福田たねである。
1882年(明治15年)月07月13日、久留米藩士青木廉吾の長男として生まれた。1899年(明治32年)、17歳の時、久留米中学明善校を三年で退学、画家を志し上京した。久留米藩士であった厳格な父は美術志望を聞いたとき「美術だと。武術の間違いではないのか」と言ったと伝えられている。
1899年(明治32年)、小山正太郎の画塾「不同舎」に入門し、翌年、東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科選科に入学した。このころ上野の図書館に通い、文学や神話などに親しんだ。
明治時代も後半になると老大家の明治画壇支配とは別に、洋画にも新しい絵を描く画家が生まれてきた。その中の一人青木繁は古代神話を題材にしたロマン的色彩の絵画を製作した。
1904年(明治37年)、「黄泉比良坂」(よみつひらさか)を白馬会第八回展に出品し第一回白馬賞を受賞し、翌年の第九回展に「海の幸」を出品し名声をあげた。この「海の幸」は東京美術学校を卒業した年の夏、坂本繁二郎や森田恒友、そして不同舎の画塾仲間で恋人の福田たねと四人で房州(千葉県)布良(めら)に写生旅行に行ったときに描いたものである。
1905年(明治38年)、恋人の福田たねとの間に幸彦(のちの福田蘭堂)が生まれた。その後、栃木県水橋町のたねの実家福田家に滞在し「わだつみいろこの宮」を描いた。この作品は1907年(明治40年)の東京府勧業博覧会に出品するが、三等末席となった。この審査に不満を抱き、中央画壇を痛烈に批判し、画壇と決別した。
同年08月、父危篤の報に単身帰郷、父の死とともに家は没落した。1908年(明治41年)、姉たちと衝突し家を出て熊本、天草、佐賀を放浪した。貧困と病苦と芸術上の焦慮にかられ、1911年(明治44年)03月25日、結核のため福岡松浦病院で死去した。28歳08ヶ月の短い生涯であった。
「焼き残りたる骨灰は序(ついで)の節 高良山の奥のケシケシ山の松樹の根に埋めて被下度(くだされたく)、小生は彼の山のさみしき頂より思いで多き筑後平野を眺めて~永遠の平安なる眠りに就く可く候」の遺言にしたがい、兜山(通称「けしけし山」)に歌碑が建立された。
福田たねは野尻長十郎と結婚し七人の子を育てた。1934年(昭和29年)夫を亡くして再び絵筆を取り、示現会に属し、過ぎ去った青春の日々を描いた。
福田蘭堂は青木繁と福田たねとの間の子どもで、「海の幸」から幸彦と名付けられ、後にたねの実家に引き取られ、たねの父の子どもとして届けられた。蘭堂は、NHKラジオドラマ「笛吹き童子」の作曲家で、ラジオから流れる〈ヒャラーリ、ヒャラリーコ〉の曲は全国の子ども達に親しまれた。蘭堂と川崎弘子(松竹スター)の子どもが石橋エータローである。
k.s
青木繁 – Wikipedia
青木繁と近代日本のロマンティシズム
青木繁旧居

青木繁
青木繁

posted with amazlet on 06.12.28
阿部 信雄 日本アートセンター
新潮社
売り上げランキング: 380805
悲劇の洋画家 青木繁伝
悲劇の洋画家 青木繁伝

posted with amazlet on 06.12.28
渡辺 洋
小学館
売り上げランキング: 431361
青木繁と石橋美術館 (1983年)
朝日新聞社
朝日新聞社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ooisi より:

    石橋エータロー氏は福田蘭堂氏と前妻の子供では?