坂本繁二郎 放牧三馬

1882年03月02日~1969年07月14日
明治15年~昭和44年
久留米市生まれ / 同年、同郷の親友青木繁に比し、大器晩成の洋画家。馬、静物に加え能面が主要なモチーフとなる。


久留米高等小学校で西洋画を習い、1902年同級生青木繁と上京。1907年第1回文展入選、親友でライバルの青木が福岡市で病没。1914(大正3)年二科会創立に参加し、1944年解散まで会員。大正時代は牛をモチーフに幽玄質実の絵画を追求1921(大正10)年黒一色で禅味あふれる『牛』で一区切りをつけ渡欧。パリ3年間滞在、帰国後郷里久留米に帰り、1931年八女市福島近郊にアトリエを建て制作は活発となった。「関東の風土では牛が良かったが九州の明るく変化に富む自然の中では鋭敏な情感を持つ馬が合う」主要なモチーフは馬に転じ、『放牧三馬』『母仔馬』などのほか果実、野菜静物画を盛んに描く。
 戦後1946年日本芸術委員会委員に推されるが辞退地方画壇再建に協力する。馬、静物に加え能面主要なモチーフとなる。
1952年米国カーネギー国際財団展、1954年ベニス・ビエンナーレ展出品。1956年文化勲章受章。1964年能面シリーズに終止符をうち、月雲シリーズを始める。1969年没。
東洋的美観実在感を西洋画法で表現した我が国近代美術史上の屈指の画家。同時に画家の名刹を離れた草深い田舎での求道的ともいえる制作姿勢は九州の後継美術家に有形無形の大きな影響を与えた。(西日本新聞発刊福岡県百科事典・谷口治達より抜粋)
坂本繁二郎 – Wikipedia
小さなミュージアム●坂本繁二郎画伯資料室
石橋美術館 | 企画展示

坂本繁二郎全版画集 (1980年)
坂本 繁二郎 坂本 暁彦
形象社
坂本繁二郎追悼展 (1970年)
坂本 繁二郎 朝日新聞社
朝日新聞東京本社企画部
坂本繁二郎の道 (1981年)
坂本繁二郎の道 (1981年)

posted with amazlet on 07.01.06
谷口 治達
求竜堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする