中村ハル 努力の上に花が咲く

1884年06月01日、福岡市西新町の農家に二女として生まれる。明治35年(1902年)弟の死を転機として一生を教育の道にささげ、優れた家庭科の教員になろうと上京を決意。大正10年(1921年)横浜市の新設校・岡野高等小学校家庭科訓導として転任し、料理と家事科の勉強に熱中。ここで「中村式移動水流し」を発明、また玄洋社頭山満翁の紹介でインド独立運動の志士ビバリーブースが婿養子に入った中村屋のカレーライスを学び「中村ハル式カレーライス」を作り上げた。さらに関西地方の料理勉強神戸市の小学校に転任。そこで認められて兵庫県視学委員となる。


昭和5年(1930年)郷里福岡に帰り、九州高等女学校教諭となる。戦後、昭和24年(1949年)1月64歳の時に中村割烹女学院を創設、昭和40(1965年年)学校法人中村学園大となり中村学園大学、短大、女子高校、幼稚園、料理学園を持つまでに発展した。人間教育の三つの徳目として「清節、感恩、労作」を掲げる。
1968年09月02日努力の上に花が咲くの信念で教育に尽くした88年の生涯を閉じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする