杉山龍丸  グリーンファーザー

20051118-tatsumaru.jpg

1919年05月26日~1988年09月20日
「インドの独立の父はガンジーさん。インドの緑の父(グリーン・ファザー)はスギヤマさん」
杉山龍丸は私財を投げ打ち、インドの砂漠を緑の大地に蘇らせた人物です。


植林された緑の木々が、涸れた大地を作物が育つ地質に変えていきます。龍丸は、門外不出であった蓬莱米の種を台湾から譲り受け、不可能と言われていた稲作を成功させます。今では、インドは米の輸出国にまで成長しました。又、ネパールの南からパキスタンまで広がるシュワリック・レンジ(丘陵)での土砂崩落を植林で防ぐと言う、従来の学者達が考え得なかった方法で問題を解決していきます。
役人でも学者でもない一民間人の彼がなぜインドの荒廃した大地に緑の木を植え続けたのでしょうか。その理由を語る上で二人の人物を欠くことはできません。
明治から昭和にかけて政財界のフィクサーとして活躍した祖父・茂丸は、植民地化されたアジア諸国を嘆き、将来アジアの人々が豊かに暮らせるために農業実験場「杉山農園」(現福岡市東区香椎)を作ります。父・泰道(夢野久作)は同じくヒューマニズムを求め、農園を守りながら文学作品を書き続けます。二人の荒ぶる魂は龍丸へと伝承され、インドの砂漠に緑の大地として結実されたのです。
文責 山手晋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする