高場 乱(おさむ) 近代日本の女傑

1831年10月08日~1891年03月31日
幕末から明治にかけて、女ながらも武士道に生きた女傑「高場乱」。1831(天保2)年10月08日に博多・瓦町(現在の祇園町)に生まれる。生家は江戸時代初期から続く高場流眼科で、父親の名前は正山、乱の幼名は「養命」。幼いころから人並み優れた知力と胆力を持ち合わせていたので、父親は養命を男子として育てた。10歳のときに「乱」と書いて乱世をおさめるよう「乱(おさむ)」と名付けられる。

近代日本の女傑・高場 乱(おさむ)

幕末から明治にかけて、女ながらも武士道に生きた女傑「高場乱」。1831(天保2)年10月8日に博多・瓦町(現在の祇園町)に生まれる。生家は江戸時代初期から続く高場流眼科で、父親の名前は正山、乱の幼名は「養命」。幼いころから人並み優れた知力と胆力を持ち合わせていたので、父親は養命を男子として育てた。10歳のときに「乱」と書いて乱世をおさめるよう「乱(おさむ)」と名付けられる。
漢学を究めるため亀井塾に入門。亀井南冥の孫、陽州に師事するやめきめきと頭角をあらわし、亀井塾四天王の一人に数えられる。亀井塾は自由をモットーとし、論語などの漢学ばかりでなく蘭学も学べる塾だった。その中の四天王といえば、今でいう大学教授のようなもの。乱は学問ばかりでなく武術も究めていたので、その名は長州の吉田松陰(乱より一歳年上)と並べられるほどだった。
20歳で高場眼科を継ぎ、40歳のとき住吉の人参畑跡に移転して眼科医院兼「興志塾」を開く。もともと乱の体は華奢で丈夫ではなかった。国事奔走のため京へ上る志を捨て、地元福岡で日本の将来を担う若者たちを育てようと心に決めたのだった。1873(明治6)年、後の玄洋社を率いる頭山満が19歳で入塾する。乱は頭山を見た瞬間、明治・大正・昭和の政財界にその名を轟かしたこの男の器量と天分を見抜いた。頭山もまた乱の人間としての大きさを直感的に感じ取っていた。
「人参畑の先生」こと乱の人徳を慕って大勢の博多の猛者たちが集まった。77(同10)年福岡の変を起こした武部小四郎、89(同22)年大隈重信暗殺を試みた来島恒喜は頭山とともに机を並べた仲間だった。犯行後に自刃した来島の死を嘆いた乱は病に倒れる。頭山ら門弟たちに看取られながら92(同24)年3月31日、冨も名誉もなく、金に頓着せず、ひたすら門弟の教育に人生をささげた高場乱。59歳の生涯だった。

2005年9月19日  神田紅独演会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中西弘之 より:

    私邸唯一の和室に父から貰った頭山満の直書「忠孝」を飾っています。教職定年退職後も社会教育関係の仕事を依頼されたりして10年が経過。本年度から地元の校区でいくつものボランティア混じりの仕事に専念するようになり、人権・同和教育にも再び関わるようになりました。教科書記述も変えた「新しい部落史」の学習にも取り掛かり、絵巻物「天狗草紙」の読み取りから、地元福岡の解放運動(明治以降)の見直しに、父と親交のあった松本冶一郎・頭山満関連の資料も読み直しています。苅田智子様のご活躍も祈念しています。

  2. 北野裕一 より:

     私も高場としてこの世に生を受けました。しかし幼少の事情により今の姓とは違いますが、北海道にてこの高場の苗字を持つ人も少ないでしょう。屯田兵として現在の北海道深川市納内に実家があります。歴史的に浅い北海道のルーツを辿ってみたく思いました。実際には先祖とは結びつかないかもしれませんが、乱さんの紹介を見て、すくなからず感銘しました。

  3. 高場 博規 より:

    申し訳ありません、ここのブログの趣旨と違うかも知れませんがお許しください、2007年に投稿された、北野裕一さんにお聞きしたいことがあります。私の名前は、高場 博規、
    北海道札幌にいました、釧路の自衛隊にもいました。お願いします

  4. 鹿嶋の守 より:

    苅田智子さま、嘗て「平家物語を熱く語る」で一度メールを取り交わした事がありました。私は相変わらず、高場のルーツを捜しています。かなり分かってはきましたが、決定打にはなっていません。裏づけ不十分の言い伝えが大半です。私が影響を受けた叔父が佐賀の鹿島中村の住人で、徳といいます。長男が和雄、次男が正二といいます。その系統ならば、常陸からの流れなのですが?
    高場乱は常陸→三河→尾張→唐津→熊本天草→秋月→福岡(黒田)との言い伝えです。
    尚、北海道の高場は常陸→北海道です。
    明治の初めに、農業技術を指導する為に、渡りました。以上、心当たりがあれば、投稿願います。

  5. 鹿島の守(横浜在、高場) より:

    苅田智子様
     私の拙い投稿に早速ご返事を頂き、いたく感激致しております。
     苅田様が現在取り組まれているテーマに心から拍手を送ります。
     私達の生きているこの社会の根幹にはジェンダーが常に存在しています。
     私達の誰もがありのままの自分をさらけ、そしてありのままの他者を受け入れることが出来る社会のシステムが、一日も早く実現する事を願ってやみません。
     私は現在「介護付老人ホームに勤務しております。
     残念ながら、現役を退き、静かに余生を「終のすみか」として暮らしている高齢者達です。
     しかし、ここにもジェンダーが潜んでおり、このテーマがホームに於いて、大変大きな問題となっております。
     長文になってしまいました。
     最後に、一つだけ質問です。
     森芳太夫?って有名な方なのでしょうか?
     「森氏」のヒントを頂き、有難うございます。
     調査対象枠が広がり、本当に助かります。
     
     

  6. 苅田智子 より:

    20歳で高場眼科を継ぎ、40歳のとき住吉の人参畑跡に移転して眼科医院兼「興志塾」を開く。
    書きたいのなら、堂々と実名で書いてください。

  7. 高場 より:

    苅田様
    高歯乱について思いがあるのだと察します
    一方、一寸通りすがりさんは 他人批判がお好きなのでしようか
    高場乱の墓碑は 福岡市東区の崇福寺にの玄洋社墓地にあります。
    一度 墓碑の前で考えてみられてはどうでしようか 
    墓碑名は勝海舟
    立派な御墓です
    吾思う故に吾在り
    人間は考える葦
    人様のコトヲケナスヨリ、吾の事を思うのが大事デシヨウ

  8. 高場 より:

    冒頭の高場乱の場ノ字を間違えました。
    改めてお詫びします。
    誤:高歯乱
    正:高場乱

  9. としろう より:

    何かたいへんなことになってすみません。この高場乱のコーナー辞めてください。苅田智子の身内のものです。これ以上恥をかくこともないと思います。私の高場は森家からの養子のものです。本人に言っても聴かないものですから。深くお詫び申し上げます。