第21回 金印出会いの記念日 チャリティートーク

テーマ「知られざる福岡の巨人たち」

講演 世界に羽ばたく子どもたちを育てるために「知ってほしい、日本人の心」
占部賢志・中村学園教育学部教授

世界中で格差、断絶の社会を招いているグローバル資本主義が進む中で、国際社会で役に立つ人材とはどういう志を持った人なのか。

創作講談 「杉山茂丸~明治を動かした陰の男」
~作家 夢野久作の父、インドを緑化した龍丸の祖父~
福岡出身の講談師 神田 紅
修猷館卒、早稲田中退。昭和54年二代目神田山陽師匠に入門、平成元年真打昇進。現在弟子4人。“スピリッツ講談”で郷土に縁ある先人の知恵や勇気や遊び心を伝えながら、講談教室・紅塾で東京・福岡あわせて100余名の語り部を育てている。オフィシャルサイト  http://kandakurenai.com/

リレー講談
福岡の歴史と交流のシンボル
「国宝 金印物語」
…福岡紅塾 新・金印亭


◇ 日 時 2018年 2月23日(金)18:00~20:00 開場 17:30
◇ 会 場 エルガーラホール・8階大ホール
(福岡市中央区天神1-4-2エルガーラ北)
◇ 参加料 前売り3,500円 当日4,000円 全席自由
★チケットぴあスポット、セブンイレブンなどで発売中!Pコード638-078
*チケット料金の一部は金印レプリカの贈呈基金として活用させていただきます。


子どもに夢を!小さな博物館運動
第21回金印出会いの記念日 金印レプリカ贈呈式
2月23日(1784年)は国宝・金印が福岡・志賀島で発見された日です。

小さな博物館運動
国宝・金印レプリカを20年間、195校の小学校、5校の中学校に寄贈しました。

国宝・金印レプリカ贈呈式in住吉小・中学校
〜金印が放つ「交流する勇気」を子どもたちへ〜
1996年から続く金印レプリカの贈呈は、2015(平成27)年4月に小・中学校を統合した福岡市立住吉小・中学校を訪ねます。小学5・6年生、中学生全員が参加の予定、賑やかな贈呈式になりそうです。各クラスに金印レプリカを贈呈し、全校生徒のために校内に金印BOXを設置、子どもたちの「歴史を学ぶ心」「交流する心」「挑戦する心」を育みます。
○ 日時 2018年2月23日(金)14:00~15:00 *入場無料
○ 会場 福岡市立住吉小・中学校
福岡県福岡市博多区美野島3-22-7
○内容 
●講談『国宝・金印物語』 神田紅さん、福岡紅塾 金印亭
●金印BOX贈呈
●金印レプリカ贈呈 ほか
主 催 NPO法人金印倶楽部

【パンフレットPDF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする