第20回 金印出会いの記念日チャリティトーク

2月23日(1784年)は国宝・金印が福岡・志賀島で発見された日です。

「日本人の心」はこうして生まれた

元気トーク世界中が大好き。目からウロコの痛快な日本人論。
「日本の原点は福岡にあり」
煎茶道 黄ばく賣茶流家元 中澤弘幸
1946年生まれ、大阪在住。全国から26万人が集まり琵琶湖の周囲を手をつなぎ心を結んだ、「抱きしめてBIWAKO」の実行委員長。アジア6ヵ国7つの養護施設を設立・支援。

創作講談
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群世界文化遺産登録祈念
「アマテラス(天照大神)の娘~宗像三女神物語」
姫神たちが織りなす古代ロマンを語ります。

福岡出身の講談師 神田 紅
修猷館卒、早稲田中退。昭和54年二代目神田山陽師匠に入門、平成元年真打昇進。現在弟子4人。“スピリッツ講談”で郷土に縁ある先人の知恵や勇気や遊び心を伝えながら、講談教室・紅塾で東京・福岡あわせて100余名の語り部を育てている。
オフィシャルサイト  http://kandakurenai.com/

リレー講談
福岡の歴史と交流のシンボル
「国宝 金印物語」
…福岡紅塾 新・金印亭

◇ 日 時 2017年 2月23日(木)18:00~20:00 開場 17:30
◇ 会 場 エルガーラホール・8階大ホール
(福岡市中央区天神1-4-2エルガーラ北)
◇ 参加料 前売り3,500円 当日4,000円 全席自由

*チケット料金の一部は金印レプリカの贈呈基金として活用させていただきます。

子どもに夢を!小さな博物館運動

第20回金印出会いの記念日 金印レプリカ贈呈式
2月23日(1784年)は国宝・金印が福岡・志賀島で発見された日です。

小さな博物館運動
国宝・金印レプリカを20年間、192の小学校に寄贈しました。

国宝・金印レプリカ贈呈式in春吉小学校
〜金印が放つ「交流する勇気」を子どもたちへ〜
1996年、金印レプリカの贈呈がスタートした春吉小学校を再び訪ねます。
あのとき金印を見て、目を輝かしていた子どもたちは、
それぞれの夢を胸に抱いて30代になりました。
これからも「世界へ通用する子どもたちを育てる」ことを目指して、
「交流する心」「歴史を学ぶ心」「夢に挑戦する心」を育む活動を続けて参ります。
○ 日時2017年2月23日(木)10:15~11:15
○ 会場 福岡市立春吉小学校
〒810-0003 福岡県福岡市中央区春吉1丁目17−38
○内容 講談『国宝・金印物語』 神田紅、金印亭
●金印BOX贈呈
●金印レプリカ贈呈
ほか
金印レプリカ贈呈式には全校生が参加します。
主 催 NPO法人金印倶楽部
入場無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする