第15回 神田紅独演会in福岡市

あの励ましを忘れない!感謝を込めて語ります

160924

追悼特別企画
<創作講談>「夏樹静子の 心はサスペンス」
心療内科を知らしめた『椅子が怖い』より

故夏樹静子先生とは、実に不思議なご縁である。6年前、講談について全国紙のコラムで紹介していただいたのである。「吹けば飛ぶような」マイナーな講談の世界に一灯を灯してくださったといえるかもしれない。講談の歴史と私・神田紅の活躍ぶり(?) まで宣伝してくださり、最後に「今や勇敢で発想柔軟な女流の方たちが、講談の新しい魅力を世に広げてほしいと私は願っている」と締めくくられたのだ。

昨年秋に夕食を御馳走になり、わずか半年後には、美しい亡き顔にお目にかかろうとは夢にも思わず悲嘆にくれた。だが、ただ悲しむのでなく勇気を振り絞り、ご主人の出光芳秀氏に懇願し語らせていただくことにした。なぜなら郷土を愛してくれた先人の思いと困難から克服されたその根底にある心を読み解くことで、私たちに勇気を与えてくれると確信するからだ。サスペンスの女王と呼ばれた作家・夏樹静子のメッセージをお伝えできれば幸いである。

<古典講談>「海賊(かいぞく)退治(たいじ) 笹野名槍伝(ささのめいそうでん)より 」

後に槍の名人となる笹野権三郎義胤が「風早丸」に乗船して豊前小倉にゆく途中、瀬戸内海で海賊に出会ったときの活躍劇。報復絶倒の古典講談として知られる名作です。師匠二代目神田山陽が得意としていた講談を、紅流に派手にアレンジを加えてみました。乞うご期待!

◆立体講談 郷土の語り部 金印亭
「心ひとつの置き所」~中村天風物語~  

◆紅塾生と講談やってみまショー 

メリハリ・ツッコミ・謡い調子。講談の魅力を会場の皆様とご一緒に。

◇と き
平成28年9月24日(土)
・昼の部 13:00 開演 ・夜の部 17:00 開演

◇会 場
エルガーラホール 8階大ホール
福岡市中央区天神1-4-2エルガーラ北

◇入場料
一般4,000円 学生2,000円(席に限りがあります)*全席自由

※「感謝の夕べ」を開催。・・・・6,000円
*20:00からソラリア西鉄ホテル(福岡市中央区天神2-2-43)

・主催
金印倶楽部

・後援
福岡県 福岡市 朝日新聞社 毎日新聞社 読売新聞社 日本経済新聞、西日本新聞社、西日本リビング新聞社  RKB毎日放送 九州朝日放送 TNCテレビ西日本 、FBS福岡放送 TVQ九州放送 (予定)

・協力
エルガーラホール

【チラシPDFダウンロード】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする