第2回 神田紅独演会 in 北九州市

20131112-131121.jpg

演 目

<古典講談> 女たちの忠臣蔵『南部坂雪の別れ』
時は元禄15年12月14日、大石内蔵助は別れを告げに、血判状を持って浅野内匠頭の妻 あぐり様の元を訪れる。だが吉良方の間者(スパイ)がいるのを恐れ、本心を打ちあけられずに帰って行く…。古典講談の決定版「赤穂義士伝」より、心にジーンと染み入ります。

<創作講談> 『出光佐三物語』~門司から世界へ~

福岡県宗像市で生まれた出光佐三は、士魂商才 (武士道的経営)を貫き通した出光興産の創業者。1911(明治44)年に門司で「出光商会」をスタート、その人生が始まります。日本、世界を舞台に生きた佐三の言葉は名言となり、その生涯は多くの人々の心を捉えます。「海賊とよばれた男」で更に日本中で注目されるなか、今こそ、その志を伝えたい!

神田紅の講談やってみまショー 『真田幸村大坂出陣』より

メリハリ・ツッコミ・謡い調子。講談の魅力を会場の皆様と一緒に。

福岡紅塾精鋭 リレー講談「国宝・金印物語」

国宝・金印は、天明4(1784)年福岡市の志賀島で発見されました。西暦27年に
中国から贈られた、日本最古の外国との交流の証。地域の語り部・福岡紅塾の精鋭
たちによる、金印発見の謎に迫るリレー講談です。

金印レプリカ贈呈式

金印倶楽部の「小さな博物館運動」の一環として、今年も北九州市の小学校に「金印BOX」を贈ります。昨年は、八幡東区の花尾小学校へ贈られました。
◇と き  平成25年11月21日(木)
・昼の部 14:00 開演 ・夜の部 18:30 開演
◇会 場  北九州芸術劇場 中劇場
      小倉北区室町1-1-1-11
◇入場料  一般3,000円 学生1,500円(席に限りがあります)*全席自由
◆直接購入
・チケットぴあスポット、セブンイレブン、サークルKサンクス Pコード:431-527
・ファミリーマート【e+(イープラス)】 http://eplus.jp
◆郵送希望 金印倶楽部へお申し込みください。
      TEL092-737-5430 FAX092-737-5432
      mail:kinin@kinin.com
主催 金印倶楽部
   〒810-0021 福岡市中央区今泉1-10-21-901
共催 神田紅独演会を成功させる会
   〒805-0067 北九州市八幡東区祇園1-6-1-103 ギオン夢舞台内
後援 福岡県、北九州市、北九州市教育委員会、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、西日本新聞社、
   西日本リビング新聞社、RKB毎日放送、九州朝日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、TVQ九州放送(予定)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする