心元気!貝原益軒の人間力

お金持ちより時間持ち、モノ持ちよりもココロ持ち

講師…作家  岬 龍一郎 氏
◆日時 6月22日(金)18時~19時30分
◆会場 福岡国際ホール 福岡市中央区天神1-4-1西日本新聞会館16F
◆会費 3,000円(小さな博物館運動チャリティー基金含む)
*二〇〇七年の会の方は無料です。
みさき りゅういちろう
1946年生まれ早稲田大学卒。作家・評論家。情報会社・出版社のやり手役員として活躍していた時に、司馬遼太郎さんから「そろそろいい人生を考え、いい仕事を考えなさい」とのアドバイスを受ける。40歳、スマイルズの『自助論』で「古典の中には人生の指針が秘められている」という言葉に出会い、いい人生を求めたいと真剣に思う。
ならば一度古典をしっかりと勉強してみようと古今東西の古典の勉強を始め、先師先賢に私淑して人生の方向を転換させた。45歳で出版社を辞め、日本人としてのバックボーンを打ち込めるような作家になろうと決心、3年間の千葉外房での隠遁生活に入る。その後、著述業のかたわら人材育成のための「人間経営塾」を全国10ヵ所で開催。役所や企業で「上に立つ者の人間学」を説く一方、美容師さんや居酒屋の店員さんに『和顔愛語』での接客などを指導している。
ベストセラー「国家の品格」の著者・藤原正彦氏が薦める「武士道」(新渡戸稲造著)の訳者でもある。著書…「いま、なぜ武士道か」「内村鑑三の代表的日本人を読む」「仕事論」「人間道」「教師の哲学」他。
(かいばらえきけん 1630年 – 1714年)
生涯に60部270余巻の書物を著し、日本のアリストテレスと言われる人。著述は儒学、本草学、医学、地理、歴史など諸分野に及び、大部分は黒田藩を辞した後、70歳以降に出版されたというからスゴイ!東軒夫人と仲睦まじく、旅の達人。自らの学問を「民生日用の学」と強調、今なお続く大ベストセラー「養生訓」は、益軒84歳の時である。

19時30分~心元気で生涯現役~みんなで乾杯!

いつまでも心元気でいるためには…。講師を囲み、そんなことを話しながら、おいしいビールで乾杯しましょう。
●飲食費  3,000円 *事前にお申し込み下さい。
会場:福岡国際ホール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする