神田紅講談教室4月開校案内

芸道30周年記念して西日本文化サークルで開校

福岡出身の講談師 神田紅師匠は、今年芸道30周年を迎4月26日に東京国立演芸場で、10月9日には福岡市天神エルガーラホールで記念独演会を開催いたします。
5年前の芸道25周年に、福岡ゆかりの先人を掘り起こし語って行こうと「ふくおか未来立志塾」の塾頭に就任し、語り部を養成する福岡紅塾を開塾いたしました。
爾来、紅師匠は高場 乱(おさむ)、川上音二郎と貞奴、中村ハル、古賀政男、中村天風、出光佐三、松永安左エ門、柳原白蓮と伊藤伝衛門等多くの先人を語り、塾生も一昨年から恒例の神田紅独演会で発表できるようになりました。
さて、このたび芸道30周年と福岡紅塾発足5周年を迎えるにあたり、西日本天神文化サークルと提携して4月より講談教室を新しくスタートすることとなりました。
日本の伝統芸能を楽しく学び、大きな声を腹から出す腹式呼吸で健康増進、ストレス解消に役立ち、聞き上手さんで話し上手さんを育てる教室を目指します。
福岡ゆかりの先人をはじめとする講談を語れる人が少しでも育てばと願っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする