義士祭記念 トーク・ビデオ講談の夕べと忘年会

トーク「維新の母 野村望東尼」を小河扶希子さんに聞く

明治時代に贋造された野村望東尼像の真実は?
贋札事件で廃絶された黒田家家老の末裔が語る
講師は「憂国の志士 平野國臣」(西日本新聞社発行)著者で「野村望東尼」を出版予定。

野村望東尼

(のむらもとに「ぼうとうに」とも読む)
文化3年9月06日(1806年10月17日) – 慶応3年11月06日(1867年12月01日)
筑前国早良郡に生まれた幕末の女流歌人・勤王家。
福岡藩士浦野重右衛門勝幸の娘。文政12年(1829年)、福岡藩士野村新三郎清貫と結婚。安政6年(1861年)夫が亡くなり剃髪して受戒。その後、福岡・平尾の自分の山荘に勤皇の士を度々かくまい、密会の場所を提供する。彼女に便宜を図って貰った中には、勤王僧月照、長州藩の高杉晋作、熊本藩の入江八千兵衛、対馬藩の平田大江、福岡藩の平野国臣、中村円太、月形洗蔵、早川養敬などがいる。慶応元年(1865年)6月福岡藩で尊攘派弾圧の動きが強くなり、孫の野村助作と共に自宅に幽閉され10月に姫島(現・福岡県志摩町姫島)へ流される。翌年9月高杉晋作の指揮により福岡脱藩志士藤四郎、多田荘蔵らの手引きで姫島から脱出、下関の勤皇の豪商白石正一郎宅に匿われ、後に三田尻(現・山口県防府市の古称)で亡くなった。62歳没。密会場所として提供していた山荘は現在も保存されており、山荘の敷地は平尾山荘公園として整備され銅像が設置されている。

ビデオ講談 「義士伝 大高源五」

神田紅塾頭の講談を鑑賞します。
赤穂浪士47士の1人。俳諧、茶の湯に堪能。宗匠山田宗偏から吉良邸茶会の情報を手に入れ12月14日の討ち入りが決定する。…

忘年会

博多百年蔵で 1908(明治41)年12月14日福本日南が正福寺で開催した第一回義士会に因んで…。神田紅塾頭の独演会で共催した「くれないの会」と合同で賑やかに開催します。
◇日時 12月14日(木)18:00~21:00 *受付17:30~
◇会場 石蔵酒造・博多百年蔵 TEL(092)651-1986
福岡市博多区堅粕1-30-1*地下鉄千代県庁口1番出口から徒歩6分・福岡高校隣
福岡市でただ一軒の造り酒屋・博多百年蔵は、白壁土蔵に赤煉瓦の煙突など明治初期に建てられた時の
面影を残し、昔ながらの造り酒屋として古き良き時代を今に伝えています。
◇会費  6000円(講演1000円、忘年会5000円)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする